中国でのがん治療薬開発で提携=中国CStoneとファイザー子会社〔BW〕

【ビジネスワイヤ】バイオ製薬企業の中国CStone・Pharmaceuticals(基石薬業、HKEX:2616)とファイザー(NYSE:PFE)の子会社は、がん治療薬開発で提携したと発表した。子会社はPfizer・InvestmentとPfizer・Corporation・Hong・Kong・Limitedの2社。ファイザーがCStoneの抗PD-L1抗体「スゲマリマブ」(CS1001)の中国本土における開発・商業化権を取得した。ファイザーはCStoneに2億ドルの株式投資を行う。CStoneとファイザーは大中華圏で他のがん治療薬の開発と商業化にも当たる。これらの治療薬はいずれも後期段階にある。〈BIZW〉

【編注】この記事はビジネスワイヤ提供。英語原文はwww.businesswire.comへ。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)