ゲノム編集技術の仏米2氏=「クリスパー・キャス9」開発―ノーベル化学賞

スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2020年のノーベル化学賞を、全遺伝情報(ゲノム)を効率良く改変できる「ゲノム編集」で画期的な技術を生み出したドイツ・マックスプランク研究所のエマニュエル・シャルパンティエ教授(51)=フランス国籍=と米カリフォルニア大バークリー校のジェニファー・ダウドナ教授(56)=米国籍=に授与すると発表した。

2人が開発し12年に発表した技術は「クリスパー・キャス9」と呼ばれ、DNAの塩基配列を狙った部分で切断し、挿入、置換できる。遺伝子の操作を従来の技術より高い精度で簡単にできるため急速に普及した。がんなどの遺伝子治療や創薬、農作物の品種改良に応用が進んでいる。

ただ、人の受精卵を改変する試みも行われるようになり、将来は生まれつきの難病を防げると期待される一方、親が子の容姿を好みに変える事態などが懸念される。18年には中国の賀建奎・南方科技大副教授(当時)がエイズウイルス(HIV)に感染しないよう受精卵を操作し、双子を誕生させたと公表。安全性や有効性が確立しない段階で実施したとして国際的に激しく非難された。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)