一部飲食店に時短要請=札幌・ススキノ、27日まで―コロナ感染急増・北海道

北海道は7日、新型コロナウイルス感染者の急増を受け、札幌市の繁華街ススキノにある接待を伴う飲食店やバーなどに対し、午後10時から午前5時までを休業とし、営業時間を短縮するよう要請すると決めた。居酒屋やラーメン店などの飲食店には、同じ時間帯の酒類提供自粛を求める。期間は同日から27日まで。準備期間を考慮し、遅くとも11日からの開始を呼び掛ける。

札幌市も7日、道の要請に応じた事業者に一律20万円を支給すると決めた。道も一部負担する方向。支給は11日までに時短営業や酒類提供自粛を始め、期間中にわたり協力することが条件。

鈴木直道知事は7日の記者会見で「道民の命、健康を守るための闘いに打ち勝たなければならない」と強調。札幌市の秋元克広市長も「大変厳しい感染拡大局面に入った。何とかこの11月中に抑えたい」と述べ、住民や事業者に協力を求めた。

道内では10月から感染が拡大。直近1週間は新規感染者数が100人超となる日が相次ぎ、道は7日、5段階で示す独自の警戒ステージを「2」から「3」へ引き上げた。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)