コロナワクチン、9割超の効果=月内にも米で許可申請―ファイザー

【ニューヨーク時事】米製薬大手ファイザーは9日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、臨床試験(治験)参加者の感染予防で「9割超の有効性」を確認できたと発表した。同社は治験の「成功」を受け、早ければ今月中に米当局に緊急使用許可を申請する考えで、年内のワクチン実用化に一歩近づいた。

同社は「年内に世界で最大5000万回分、来年に最大13億回分を製造できる」と想定。日本政府との間では、来年6月末までに6000万人分(1億2000万回分)を供給することで基本合意している。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)