ワクチン、14日正式承認=ファイザー製、「特例」適用―新型コロナで国内初

米製薬大手ファイザーが申請した新型コロナウイルスのワクチンについて、厚生労働省は14日、緊急時に審査を簡略化できる「特例承認」に基づき、正式に薬事承認する見通しだ。12日の同省専門部会で了承されたことを受け、新型コロナワクチンとして初めて承認する。ワクチン第1弾は12日に国内に到着しており、医療従事者への先行接種が17日にも始まる。

ファイザー製ワクチンは、同社の臨床試験(治験)では95%の予防効果が確認された。日本で160人を対象にした治験でも、感染を防ぐ中和抗体の値の上昇が確認できた。接種は16歳以上が対象で、3週間の間隔を空け2回実施する。

17日からは、全国の国立病院など100カ所の医療従事者1万~2万人を対象に先行接種を進める。同社製ワクチンは、接種部位の痛みなどが報告されているが、重篤な副反応はほとんどないとされる。厚労省は先行接種対象者の発熱状況などを追跡調査し、副反応の有無を分析する。

国は3月中旬に他の医療従事者ら約370万人への接種を進める予定。65歳以上の高齢者約3600万人には4月1日からの開始を目指す。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)