子どもの「コロナうつ」深刻=高校生の3割に症状―成育医療研

新型コロナウイルスの影響の長期化で、子どものうつ症状が深刻なことが、国立成育医療研究センター(東京)の調査で分かった。高校生の3割にうつ症状が見られ、同センターは「早急な対応が必要だ」と危機感を募らせている。

調査は、感染が拡大した昨年11~12月、インターネットで実施。小学4年~高校生の計715人から、直近1週間の心の状態を探るため、「気分が落ち込む」「疲れた感じがする」など9項目について、「ほとんど毎日」から「全くない」まで4段階で回答を得た。その結果、高校生(344人)の30%に中等度以上のうつ症状があることが判明。小学生(261人)の15%、中学生(110人)の24%も同様とされた。

中でも「死んだ方がいい、または自分を何らかの方法で傷つけようと思った」との問いには、全体の6%が「ほとんど毎日」と回答。全体の16%が髪の毛を抜くなどの自傷行為をしていたことも分かった。

自由記述欄には「コロナになって悪口を言われたり差別されたりしている人がいる」「コロナに縛られて自由がない」といった意見が相次いだ。調査に携わった半谷まゆみ医師は「長期間に及ぶコロナ禍のストレスで、うつ症状が増えているのではないか」と分析。「子どもはストレスを自覚し、発散することが得意ではない。保護者は子どもに共感し話を聞いてあげてほしい」と訴えた。

一方、保護者約3600人に対する調査でも、29%にうつ症状が確認された。半谷医師は「保護者の状態は子どもに影響する。子どものSOSを見逃さないためにも、大人も心の余裕は必要だ」と話した。

【悩みを抱えている子どもの相談窓口】

▽「チャイルドライン」

0120(99)7777=毎日午後4~9時。18歳まで。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)