コロナワクチン、医療関係者の接種100万人増=河野担当相

河野太郎規制改革担当相は18日深夜のTBSの番組で、新型コロナウイルスワクチンの接種スケジュールをめぐり、当初約370万人としていた医療従事者の想定が大幅に上回る見通しを明らかにした。河野氏は「都道府県から人数の報告をいただき、100万人くらい増えるのではないかという状況だ」と述べた。

一方、4月1日以降の開始を目指す高齢者(約3600万人)への接種時期については「4月にはスタートさせたい」と強調した。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)