マイナカード保険証利用に遅れ=本格運用、10月までに―厚労省

厚生労働省は26日、マイナンバーカードを健康保険証として利用可能にする「オンライン資格確認システム」の本格運用について、予定していた3月下旬から先送りし、「遅くとも10月までに開始する」との方針を明らかにした。4日に始めた一部医療機関や薬局での試行運用で、患者の情報を確認できないなどの問題が出ていることを踏まえた。

試行運用では、健康保険組合など保険者が登録したマイナンバーに誤りがあったり、保険証の情報が登録されていなかったりするケースが相次いだ。平井卓也デジタル改革担当相は26日の閣議後記者会見で「保険者が登録したマイナンバーの誤りは、3万件以上あった」と明らかにした上で、25日時点でほぼ解消したと語った。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)