半年間9割超の有効性=米ファイザー製ワクチン

【ニューヨーク時事】米製薬大手ファイザーは1日、同社の新型コロナウイルスワクチンについて、接種から半年間の有効性が91.3%に上るとする検証結果を発表した。接種から一定期間経過後も高い効果が続くことが示された。半年後の時点でも、深刻な安全上の問題は確認されなかったという。

4万人以上が参加した臨床試験(治験)で、2回目のワクチン接種の7日後から半年後までのコロナ発症状況を、偽薬を投与された参加者と比べた。その結果、ワクチンによる予防効果は91.3%だった。同社は先に、接種から7日後の発症予防効果が95%と発表していた。

また、変異ウイルスが広がっている南アフリカの治験では、発症予防効果が100%に達した。同社はワクチンが南ア型変異にも効果を発揮するとの実験結果を公表しており、「治験でこれが裏付けられた」と説明した。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)