世界の死者300万人超=変異ウイルスで感染者増加―新型コロナ

米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、新型コロナウイルスによる世界の死者が日本時間17日、300万人を超えた。昨年9月末に100万人、今年1月中旬に200万人を超え、それから約3カ月でさらに100万人が亡くなった。米CNNテレビ(電子版)によると既に170以上の国・地域でワクチン接種が始まっているが、ワクチン入手をめぐる国家間の格差が解消されていない上、変異ウイルスの感染者が急増しており、収束にはほど遠い状況だ。

米国の死者は約57万人で世界最多。ブラジルの約37万人、メキシコの約21万人、インドの約17万人が続く。欧州で最多の英国では約13万人が死亡。11日付の世界保健機関(WHO)の統計によれば、死者は4週連続で増加し、前の週から1週間で7万6000人以上増えた。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)