がん治療用抗体の開発で中国ザイ・ラボと提携=米ルーブリック〔BW〕

【ビジネスワイヤ】バイオ製薬企業の米ルーブリック・セラピューティクスは、がん治療用抗体の開発で中国のザイ・ラボと提携したと発表した。ルーブリックのメソスケール改変分子(MEMs)プラットフォームを活用して、差別化された作用機序を持つエピトープ特異的な抗体を発見する。ライセンスオプション契約により、ザイ・ラボが研究成果の独占的な開発・商業化に当たる。同プラットフォームは機械学習と構造データを活用した情報駆使型の新手法。〈BIZW〉

【編注】この記事はビジネスワイヤ提供。英語原文はwww.businesswire.comへ。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)