iPS細胞の血小板、治験へ=年内に患者輸血―京都の会社

京都市のベンチャー企業「メガカリオン」は26日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製した血小板を患者に輸血する臨床試験(治験)に向け、医薬品医療機器総合機構(PMDA)による治験計画の調査が終了したと発表した。年内に京都大病院など複数の医療機関で治験を始める。

健康な人のiPS細胞から、血小板を生み出す「巨核球」という細胞を生成し、これを基に血小板製剤を作って血小板減少症の患者ら約10人に投与する。安全性と効果を1年かけて検証し、早ければ2023年中に医薬品としての承認を目指す。

血小板は、血管の損傷部分に集まって止血する働きがある。血小板製剤は献血に依存しており、iPS細胞から作ることで大量生産、安定供給の確保につながると期待される。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)