コロナ治療薬、米政府に供給=米製薬大手メルク、1300億円で

【ニューヨーク時事】米製薬大手メルクは9日、開発中の新型コロナウイルス治療薬「モルヌピラビル」について、米食品医薬品局(FDA)の承認ないし緊急使用許可が得られれば、約170万回分を米政府に供給する契約を結んだと発表した。契約額は約12億ドル(約1300億円)。

モルヌピラビルは経口薬で、米バイオ医薬品企業リッジバック・バイオセラピューティクスと共同開発。米国外でも認可を申請する計画で、事前購入契約に関心を示す他の国とも協議しているという。

メルクは外来患者向けに後期臨床試験(治験)を実施中で、早ければ今年後半にFDAに緊急使用許可の申請ができる見通し。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)