「コロナ保険」の販売休止=想定超える感染拡大で―第一生命

第一生命保険の子会社は1日、4月に発売した新型コロナウイルス感染対応の個人向け医療保険の販売を休止したと発表した。想定を超える感染急拡大により、現行の保険料率では商品の維持が難しくなったためだ。

この保険は、新型コロナなどの特定感染症と診断された場合、一時金として10万円の給付を受けられる商品。感染が拡大すると保険料が高くなる仕組みで、保険料(3カ月分)は890~2270円の間で変動する。しかし、最近の急拡大で想定していた保険料率の範囲を上回る状況となった。販売再開の時期は未定。協業先企業を経由した販売は継続する。

これまでの契約件数は約2万1000件で、保険金の支払い実績は約60件。既に加入している契約については「有効に継続している」と説明している。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)