富士フイルム、放射性医薬品事業を売却

富士フイルム(東京)は2日、子会社の放射性医薬品事業をバイオ医薬品ベンチャーのぺプチドリーム(PD)に売却すると発表した。売却額は305億円の一時金のほか、事業の進捗(しんちょく)に応じて対価を受け取る。譲渡時期は2022年3月。事業構成を整理して経営基盤の強化を図る。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)