加藤官房長官、ワクチン混合接種「厚労省の検討待つ」=都の大規模会場で実施

加藤勝信官房長官は9日の記者会見で、東京都の新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場で、1回目と2回目で異なる種類の新型コロナウイルスワクチンを接種する「異種混合接種」が行われたことを明らかにした。加藤氏は「薬事承認されている新型コロナワクチンは、各社の治験で同じワクチンを2回接種した場合の有効性・安全性が確かめられている」と強調。「厚生労働省において、必要な検討が進められている。そこでの検討を待ちたい」と述べるにとどめた。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)