医療体制構築で連携強化=知事会と日医

全国知事会は5日、新型コロナウイルス対策をめぐって日本医師会とテレビ会議を開き、医療提供体制の構築などに向けて連携を強化することで一致した。

日医の中川俊男会長は「新規感染者数は激減しているが、行動制限緩和に当たっては、慎重で丁寧な検討と運用基準の明確化が必要だ」と指摘。また、意見交換会を定期的に行うことを呼び掛けた。

知事会の平井伸治会長(鳥取県知事)は終了後、記者団に「トップレベルで協議でき、非常に意義があった」と語った。政府への要請や国民への呼び掛けで日医と歩調を合わせる意向を示した上で、「交渉力、説得力が出てくるのではないか」と述べた。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)