抗体治療薬、新変異株への効果低下も=米リジェネロン

【ニューヨーク時事】米バイオ医薬品企業リジェネロン・ファーマシューティカルズは30日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に対し、同社のコロナ抗体カクテル治療薬の効果が低下する可能性があるとの見解を示した。

リジェネロンは、抗体カクテル治療薬が「デルタ株などへの有効性を維持している」と強調する一方、オミクロン株については「(現段階での分析では)ワクチンや自社製薬を含む抗体薬による中和作用が弱まる可能性がある」と指摘。さらなる分析を進めていると説明した。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)