1. トップページ
  2. 事業紹介
  3. 調剤薬局事業
  4. 調剤の流れ

事業紹介

調剤の流れ

薬局での調剤の流れをご紹介します。

当社では、医療を「高度な接遇業」と位置づけて、患者さまに安全と安心をお約束した調剤を行っています。

1.受付

処方せんをお預かりします。

初めて来局された方には、個人情報の収集に関する同意を得た上で「体質」や「副作用」などに関する問診票にご記入いただきます。

この情報は、しっかりと保存され、お薬を安全に服用していただくために活用されます。

2.処方鑑査

処方せんに必要な事項が記載されているか、不明な点がないかなどを確認します。

処方内容と薬歴や問診票を見て、用法・用量や飲み合わせのチェックを行い、必要があれば、担当医に疑義照会を行って確認します。

3.調剤

処方せんに従って薬剤師が正確、かつ迅速に調剤を行います。

1回に数種類のお薬を服用される患者さまの場合は、飲み忘れや飲み間違いを防ぐために、医師の指示に基づき、1回分ずつ分包します。

4.最終鑑査

「薬」「薬袋」「薬剤情報文書」の総合チェックを薬剤師が行います。

患者さまに安心してお薬を服用していただけるよう、調剤した薬剤師とは別の薬剤師が鑑査を行い、調剤過誤の防止に努めています。

5.服薬指導・会計

お薬に間違いがないか、再度、患者さまと一緒に確認し、最後に会計をします。

「薬歴」および「患者さまとの会話」から、服用方法をはじめ副作用や飲み合わせについての注意やお薬の保管方法など、患者さまごとに分かり易く説明します。

※マウスカーソルを乗せるとスライドが停止します。