介護施設・サービスの種類

入居型施設

介護療養型医療施設(療養病床)

要介護者が慢性的な症状のための療養を行う入院施設。段階的に削減される予定。

利用料目安:月18万~22万円

介護老人保健施設(老健)

要介護者の自宅復帰を目指すリハビリテーション施設。在宅復帰のための中間施設という位置づけであり、長期・終身の利用は前提としていない。

利用料目安:月8.5万~20万円

特別養護老人ホーム(特養)

介護保険を使って安価に利用できるが、要介護度や介護の必要性で入居順が決まるため、長期待機者も多い。

利用料目安:月2.5万~15万円

グループホーム

要介護認定を受けた軽中度の認知症患者らが、5~6人程度のグループで共同生活をする地域密着型施設。

利用料目安:月8万~20万円

介護付有料老人ホーム

介護サービスを提供する入居型施設。利用時に介護が要らない人向けの「自立型」と、要介護者も入れる「介護型」がある。

利用料目安:入居一時金:0~数億円
月10万~40万円

住宅型有料老人ホーム

食事や日常的な生活支援のみを提供する入居型施設で、必要な場合は外部の介護サービスを利用する。

利用料目安:入居一時金:0~数億円
月10万~40万円

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)

高齢者が暮らしやすいように、定められた様々な基準を満たした賃貸住宅。外部の訪問介護サービスなどを利用する。

利用料目安:月3万~20万円

在宅型施設・サービス

訪問介護

ホームヘルパーが戸別訪問し、ケアプランに基づいて必要な介助を行う。要介護認定が必要で、排泄・入浴介助や、掃除や洗濯などの生活援助が受けられる。

利用料目安:1回数百円~2000円
(自己負担分)

訪問看護

看護師が戸別訪問し、健康状態の確認、生活の介助、医師の指示による医療処置を行う。

利用料目安:1回数百円~2000円
(自己負担分)

通所介護(デイサービス)

要介護者または要支援者が自宅から施設に通い、食事・入浴などの介助や機能訓練などのサービスを受ける。

利用料目安:1回1000円~2000円
(自己負担分)

定期巡回・随時対応サービス

要介護者の居室を定期的に訪問し、必要な介助を行う。利用者の通報を受けて駆けつけるなど、随時対応もする。

利用料目安:要介護5の高齢者が、訪問看護・訪問介護両方を利用する場合で月3万450円(自己負担分)