皮膚の乾燥とかゆみ対策 -2008年12月1日掲載-

秋から冬にかけて、空気が乾燥してくると、皮膚にかゆみが出てくることがあります。どうしてでしょうか?

かゆみが起こる理由

角質層という一番表面にある層は、外界から皮膚を守っている層です。そこが乾燥し、カサカサになって細かい傷やひび割れが生じると、そこから刺激物質やアレルギーの原因となる物質が入り込んで、かゆみを生じるのです。
続きを読む »

皮膚の乾燥とかゆみの薬 -2008年1月1日掲載-

年齢とともに皮膚の発汗や皮脂の分泌が低下したり、水分を保持する角質細胞間脂質セラミドが減少すると皮膚が乾燥しかゆみが起こりやすくなります。特に冬は肌がカサカサして、かゆみが強くなり、すね、太もも、腕、肩、腰、わき腹などから次第に全身に広がり夜もかゆみに悩まされ不眠症になることもあります。
続きを読む »