漢方薬の効果 -2022年5月18日掲載-

皆さんは漢方薬をご存じでしょうか。
中国が起源で、日本で独自に発展した「漢方医学」で使われる薬のことです。
江戸時代中期ごろに、西洋医学である「蘭方(らんぽう)」に対して生まれた日本語です。
自然界に存在する植物や動物、鉱物などの薬効となる部分を「生薬(しょうやく)」と称し、基本的には2つ以上組み合わせて作られます。 続きを読む »

膀胱炎になったことはありますか? -2022年3月31日掲載-

「おしっこを我慢すると膀胱炎になるよ」とよく言われますが、これはたまったおしっこの中で細菌が繁殖して炎症をおこすことが原因です。
膀胱炎になると、残尿感がある、痛みを伴う、何度もトイレに行きたくなる、といった症状が見られます。薬局で薬を買って飲まれる方も多いと思います。市販薬は炎症を抑え、抗菌作用のある生薬からできている漢方薬が多く、軽い症状の場合はこれで治ります。
それでも改善しなければ泌尿器科を受診することをおすすめします。
泌尿器科では尿検査により菌を特定し、適切な抗菌薬が処方されます。「急性膀胱炎」の場合は、薬を飲むことにより、だいたい5日から1週間くらいで菌が消えて症状がなくなります。予防にはおしっこを我慢せず、水分摂取を心掛けてください。
続きを読む »

気象の変化により起こりやすいめまいや頭痛。気象病はなぜ起こる? -2022年3月1日掲載-

皆さんは、低気圧や雨が降る前になると頭痛がしたり、季節の変わり目にめまいや体調を崩しやすくなったりすることはありませんか?もしかしたら、それは「気象病」かもしれません。 続きを読む »

ナトリウムとカリウムの血圧への影響について -2022年1月31日掲載-

高血圧患者の現状とリスク

現在、日本の高血圧患者数は約4,300万人と言われており、日本人の約3人に1人ということになります。高血圧患者の85~90%は本態性高血圧であり、遺伝的要因と環境的要因(食生活や運動不足、ストレスなど)の両方が関与しています。日ごろから生活習慣に注意することで、高血圧は予防できるのです。
血圧が上がる原因の一つとして、食塩に含まれるナトリウムが挙げられます。ナトリウムは血管内に水分を引き寄せ血圧を上げる役割をしています。塩分の摂り過ぎが高血圧に繋がるとよく言われるのは、そのためです。
高血圧が続くことにより動脈硬化が起こり、脳卒中、心筋梗塞、腎障害などを発症するリスクが高くなります。健康寿命を延ばすためにも、高血圧をしっかりと予防しましょう。

続きを読む »

お茶を飲むとトイレが近くなる? -2021年12月28日掲載-

「“腎臓が悪くならないよう、しっかりと水分を摂りましょう。”と医師に言われてお茶を飲んでいますが、飲むとトイレばかり行って大変です。あまりにもトイレばかり行くので、飲む量を減らしたり、頻尿の薬を飲んだりしています。」との話を聞くことがあります。
続きを読む »

お家にお薬がたくさん残っていませんか? -2021年12月1日掲載-

もしかすると、みなさんのお家にも必要以上に残っているお薬があるかもしれません。
医師や薬剤師から「お薬がたくさん残っていませんか?」と聞かれたことはありませんか。
その「たくさん残ったお薬」のことを「残薬」といいます。
残薬は国の医療費増加の原因の一つといわれており社会問題となっています。
続きを読む »

粉瘤について -2021年10月29日掲載-

ある日気が付いたら顔や首、背中、股関節などにぽっこりとにおいを伴う腫れ物ができていたということはありませんか? それはもしかしたら粉瘤ふんりゅうかもしれません。 続きを読む »

肺非結核性抗酸菌症(Non Tuberculous Mycobacteria:NTM症) -2021年9月30日掲載-

私たちは昔から日常に存在する菌やウイルスに対処しながら生きてきました。2019年12月に新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威を振るい始めてから2年が経とうとしています。新型コロナウイルス感染症が肺に大きな影響を及ぼすことは知られていますが、肺に影響がある病気の中で2007年から13年ぶりに新たに治療ガイドラインが更新されたものがあります。それが肺非結核性抗酸菌症(肺NTM症)です。
今回は結核よりも近年患者数が増加している肺非結核性抗酸菌症(肺NTM症)について紹介していきたいと思います。 続きを読む »

転ばない暮らし方 -2021年8月31日掲載-

年齢を重ねても健やかで実りある日々を送りたいと願う方は多いと思います。心身ともに自立した生活を送ることが大切ですが、年齢とともに、日常生活の中で転倒する危険性が高くなり、大怪我につながることもあります。転倒・骨折を予防して、ご自分と大切な方の「転ばない暮らし方」をはじめましょう。
続きを読む »

加齢黄斑変性症について -2021年5月31日掲載-

加齢黄斑変性症とは?

高齢化に伴って増加している病気の一つです。
目でものを見る際に重要な働きをする「黄斑おうはん」という組織が加齢とともにダメージを受けて、変化してしまった状態を言います。
目の中に入ってきた光は網膜で刺激として受け取り、その刺激が情報として視神経に伝達され、脳に伝わります。その網膜の中心部が「黄斑」です。

この「黄斑」が変化してしまうことで「ものが歪んで見える」「視野の中心が暗くなる・欠ける」「視力が低下する」等の症状が出てしまいます。
放っておくと失明に至ることもあるので注意が必要です。

加齢黄斑変性症には「萎縮型」と「滲出しんしゅつ型」の2種類があります。
「萎縮型」は、黄斑の組織が加齢とともに萎縮することで起こります。進行はゆっくりです。
一方、「滲出型」とは網膜のすぐ下にもろい血管が出来てしまうことで起こります。この新生血管から浸出液が出てることによって進行するため、進行が速いことが特徴です。

続きを読む »

菌活とは? -2021年4月30日掲載-

皆さんは「菌活」、或いは「腸活」という言葉をご存知ですか?テレビや雑誌でも取り上げられることが増えたため聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。
菌活とは、ヨーグルト・納豆・きのこなどの菌活に適した食材を食事に取り入れたり、腸内細菌を育てたりすることで腸内環境を整えることを言います。 続きを読む »

「電子お薬手帳」をご存知ですか? -2021年3月31日掲載-

お薬⼿帳は冊⼦になっている紙のお薬⼿帳が⼀般的ですが、最近ではスマートフォンで使えるアプリ版の電⼦お薬⼿帳の利⽤が増えつつあります。
今回はこの電⼦お薬⼿帳の魅⼒をお伝えします。
続きを読む »

ヒートショックについて -2021年2月26日掲載-

ヒートショックという言葉を知っていますか?

ヒートショックとは気温の低い屋外から暖かい屋内への移動や、暖かい部屋から寒い部屋への移動などによる急激な温度の変化によって、血圧が上下に大きく変動することをきっかけとして起こる、健康被害の総称です。
ヒートショックは特に冬季の入浴時に起こりやすいことが知られています。暖房をしていない脱衣場や浴室では室温が極端に低くなりがちで、こうしたなかで衣服を脱ぐと、急速に体表面から体温が奪われて血管が収縮し、血圧が急激に上がります。温かい湯船に入ると、今度は血管が拡張して、血圧が急激に下がります。このような入浴に伴う温度差が血圧を大きく上下させるために、失神や心筋梗塞、脳梗塞が起こったり、その結果として湯船で溺れ、命を落としてしまうこともあるのです。

続きを読む »

認知症について -2021年1月29日掲載-

認知症は何かの病気によって起こる症状や状態の総称です。
老化によるもの忘れと認知症はちがいます。

老化によるもの忘れと認知症のちがい

老化によるもの忘れと認知症のちがい
  老化によるもの忘れ 認知症
原因 脳の生理的な変化 脳の神経細胞の変性や脱落
もの忘れ 体験したことの一部分を忘れる 体験したことをまるごと忘れる
症状の進行 あまり進行しない だんだん進行する
判断力 低下しない 低下する
自覚 忘れっぽいことを自覚している 忘れたことの自覚がない
日常生活 支障はない 支障をきたす

続きを読む »

冬の「かゆい!」に保湿ケア -2020年12月29日掲載-

乾燥が気になる季節には肌が乾いてカサカサしたり、かゆみが出たりといった乾燥肌トラブルに悩む方も多いのではないでしょうか。
冬は冷えや乾燥により肌が刺激を受けやすく、皮膚トラブルを起こしやすいシーズンです。
毎日の生活習慣を見直し、少しでも乾燥によるかゆみや湿疹を避けるために、冬の皮膚トラブルの原因と、対策のコツを紹介します。
続きを読む »

体温測っていますか? -2020年11月30日掲載-

体温とは

体温とは、身体の内部の温度のことです。身体の部位や臓器によって温度に多少の差がありますが、厳密にいうと外の気温が変化しても一定温度に調整されている身体の中央の温度のことを指し、これを核心温といいます。

続きを読む »

口腔ケアについて -2020年10月30日掲載-

口腔ケアとは、口の中だけでなく体全体の健康を維持するために必要なケアです。
加齢とともに体の機能が衰えていきますが、口腔機能も例外ではありません。
唾液には歯の表面や舌、粘膜についた汚れや細菌を洗い流す自浄作用がありますが、分泌量が減ることによる作用の低下、虫歯や歯周病、味覚が変化する、ドライマウスなどの問題が多くなってきます。
続きを読む »

逆流性食道炎と日常生活の注意点 -2020年9月30日掲載-

逆流性食道炎とは、胃酸や胃の内容物が逆流することで食道に炎症を生じる病気です。名前はよく聞いたことがある方も多いと思いますが、この疾患はなぜ起こるのか、どういう人に起こりやすいのかご存知でしょうか?

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎は高齢の方や肥満の方に多い傾向があることがわかっています。
食道と胃のつなぎ目には「下部食道括約筋」という輪状の筋肉があり、普段は胃酸や胃の内容物が逆流しないように食道を閉じる役割をしています。しかしこの筋肉は衰えや、食べ過ぎて胃がふくらんだときにはしまりが悪くなり、うまく食道を閉じられないと胃酸の逆流が起こることがあります。食後は胃酸の分泌が盛んになり、胃酸の量が多くなるほど逆流しやすくなります。
また食道は胃と異なり、胃酸から粘膜を保護する働きがあまり備わっていません。そのため、逆流した胃酸は食道には刺激となり、炎症やただれが生じてしまいます。

続きを読む »

コロナウイルスに対する消毒 -2020年8月31日掲載-

手指のウイルス対策

コロナウイルスに対する消毒

洗剤による手洗い
手指についたウイルスは洗い流すことが最も大切です。流水による手洗いだけでも1/100になります。石鹸やハンドソープで10秒洗い、流水で15秒すすぐと1/10000になります。
アルコール(濃度70%以上95%以下のエタノール)
アルコールはウイルスの「膜」を壊すことで効果を発揮します。
設置してあるアルコール消毒を最後まで1プッシュすると量が多いように感じますが、それが適正量なので最後まで押して使用してください。目安として15秒以内に乾かない量となります。(量が少ないと効果が薄くあまり意味がないことがあります。)
手のひらにアルコールを取ったら乾くまでにしっかりともみこんでください。
※スプレータイプ:3ml,ジェルタイプ:1ml

続きを読む »

不眠症と睡眠薬 -2020年7月31日掲載-

夏になり気温も上がってくると、なかなか眠れない、寝苦しいと感じることが増えてきます。
他にも明日の試験のことを考えると緊張して眠れない。
旅行先などいつもと環境が違うと眠れない。
明日はいつもより早く起きなければと思っていたら眠れない。
このような不眠経験が、皆様も一度はあるのではないでしょうか。
続きを読む »