フラワー薬局

お薬に「まごころ」を添えて。


ここからナビゲーション

フラワー薬局通信

薬剤師による、お薬や健康についてのコラム。
毎月月末に更新予定です。

グローバルナビゲーションにジャンプ

ここから本文

あなたの目は大丈夫? -2009年7月1日掲載-

緑内障という病気をご存知ですか?緑内障とは眼圧が高く、視神経に障害が出る目の病気です。日本では40歳以上の約20人に1人が緑内障であると言われています。また、症状に気付かず治療を受けていない人が極めて多く、日本人の失明原因の上位にあげられており、注意が必要です。

眼圧は「房水」という透明な液体の生産と排出のバランスによって保たれています。ところが、何らかの原因で房水の排出がうまく行われないと眼圧が高まり視神経が圧迫されます。圧迫され続けた結果、視神経が障害され、視野が欠けてしまいます。

一方、眼圧が正常範囲でも緑内障が起こることが明らかになってきました。これは、人によって視神経の耐えられる眼圧に差があるためと考えられており、正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本人の緑内障患者の約7割を占めています。

緑内障の治療には房水の排出を良くする目薬や、房水の産生を抑える目薬が使われます。緑内障の種類によっては外科的処置が必要になる場合もあります。

緑内障の目薬に限りませんが、点眼をする際には以下の注意が必要です。

  • 点眼前の手洗い
  • 点眼瓶の先がまつげに触れない
  • 点眼後数分間、目を閉じるか目がしらを押さえる
  • 目のまわりの薬液をふき取る

緑内障は早期発見が大切と言われています。40歳を過ぎたら、眼圧検査および眼底検査を定期的に受けることをお勧めします。

また、緑内障の自己チェック法として、新聞を両手で広げて持ち、片目をつぶって見たとき、部分的にかすんだり、暗く見えるところがないか調べてみてください。一部がかすんだり、暗くなる場合は、緑内障の可能性がありますので、眼科を受診するようにしてください。

SNSでシェア

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

ページトップへ