東洋的な視点からみた花粉症について -2014年2月20日掲載-

この季節になるとそろそろ花粉症で悩むという方が多くなってきますよね。
今回は東洋的な視点で花粉症についてお話しします。 続きを読む »

鼻血について -2013年7月31日掲載-

この時期よく起こる鼻血。
鼻血が命にかかわることはほとんどありませんが、鼻血が大量に出たり、繰り返す場合には危険信号です。 続きを読む »

PM2.5について -2013年3月29日掲載-

PM2.5(微小粒子状物質)とは

大気中に浮遊している2.5μm(1μmは1mmの1千分の1)以下の小さな粒子のことで、従来から環境基準を定めて対策を進めてきた10μm以下の粒子である浮遊粒子状物質(SPM)よりも小さな粒子です。 続きを読む »

花粉症のお薬 -2012年3月15日掲載-

花粉症は、花粉が目や鼻などの粘膜につきアレルギーが起こり体内のヒスタミンやロイコトリエンなどが放出され、くしゃみ、鼻水や鼻づまりなどの症状が現れる症候群です。風邪との違いは目の痒みと、粘性のない鼻水が出ることです。
続きを読む »

花粉症を乗り切るために -2012年2月29日掲載-

春といえば花粉症。そんなふうに連想される方は多いはずです。「つらい季節がやって来る。」と思っている方、「今まで大丈夫だったのに、突然花粉症になって、花粉症ってどうしたらいいの?」という方もいるはずです。自分の花粉症を理解して、このつらい花粉の季節を乗り切りましょう。
続きを読む »

花粉症について -2010年3月18日掲載-

花粉症とは、植物の花粉が目や鼻などの粘膜に接触することによって引き起こされる、くしゃみや鼻水・鼻づまりなどの症状が特徴的な症候群です。日本では約80種の植物の花粉が花粉症の原因になっているといわれています。
続きを読む »

花粉症になったら -2006年3月1日掲載-

花粉症とは

花粉症
「花粉症」はアレルギー性疾患の一つで、花粉が体内に入ることでおこるアレルギー反応が原因です。「くしゃみ、鼻水、鼻詰まり」そして「目のかゆみ、なみだ目」など鼻や目の症状が主ですが、さらに皮膚や発熱などの全身症状も伴うこともあります。

このように、異物を排除しようとする「免疫」の働きが体に都合の悪い症状を起こすことを「アレルギー」といいます。

花粉が主な原因となるアレルギー性疾患の中でも、最も多いものはスギ花粉症で2~4月ごろに症状がおきます。スギの次が3~5月ごろにおきるヒノキ花粉症です。
続きを読む »

日常の花粉症対策 -2004年2月1日掲載-

花粉症を引き起こす花粉は、春に飛散するスギ・ヒノキだけでなく、ケヤキ、イネ、ブタクサ、ヨモギなど数多くあり、飛散時期も様々です。とはいえやはり春は花粉の飛散も多く、この時期になると花粉症に悩まされる、という方は多いのではないでしょうか。花粉症はくしゃみ、鼻水、鼻づまりや目のかゆみなどが主な症状ですが、さらに症状が強いときには咳や喉のかゆみ、頭痛、体がだるいなどの症状が起こります。さて、今回はそんな花粉から身を守るための、日常の対策についてご紹介します。
続きを読む »