第27期 中間事業報告書
株主の皆様へ

第27期 中間事業報告書 目次

第27期事業報告書一覧へ

株主の皆様へ

代表取締役社長 南野 利久

株主の皆様には、ますますご清栄のことと拝察申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。ここに第27期第2四半期連結累計期間(2011年3月1日~2011年8月31日)の営業概況等をご報告させていただきます。

当第2四半期連結累計期間におけるわが国の経済は、3月に発生しました東日本大震災の影響により、厳しい状況が続きました。サプライチェーンの復旧や個人消費の持ち直し傾向は見られるものの、世界経済の減速懸念や長引く円高の影響もあり、景気の先行きは依然として不透明な状況が続いております。

このような経営環境の中で、当社グループの業績は、売上高9,621百万円(前年同期比7.9%増)、営業利益597百万円(前年同期比30.7%増)、経常利益570百万円(前年同期比32.9%増)、四半期純利益381百万円(前年同期比55.4%増)となり、第2四半期連結累計期間で過去最高の収益を達成することができました。

調剤薬局事業では、既存店の売上げが堅調であったことにより増収増益となりました。6月に「フラワー薬局玉城店」(三重県)を開局し、当第2四半期末における店舗数は75店舗となりました。

ヘルスケア事業では、6月に介護付有料老人ホーム「ハーモニーハウス伊賀大山田」(三重県)を開設し、運営施設は6施設となりました。施設数の増加により、売上高は前年同期と比較して大幅に増加いたしました。

医薬品卸事業では、ジェネリック医薬品の積極的な販売を推進しております。当社が販売エリアとする三重県・岐阜県におきましても競争が激化しており、売上高は微増にとどまりました。

当社は、主力事業である調剤薬局事業の業績基盤強化を図りつつ、成長分野への戦略的投資を通じて、グループの事業規模拡大と企業価値向上に取り組んでまいります。

株主の皆様にはより一層のご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

2011年10月

(単位:千円)

業績推移
売上高 経常利益
2007年2月期 12,362,406 395,692
2008年2月期 14,662,551 639,716
2009年2月期 16,068,897 672,013
2010年2月期 17,184,767 893,374
2011年2月期 17,974,013 931,240
中間業績推移
事業年度 売上高 経常利益
2011年2月期(中間) 8,920,143 429,384
2012年2月期(中間) 9,621,130 570,850

事業報告書目次