最新業績ハイライト

2020年2月期第3四半期の業績レビュー

(単位:百万円・%)

2020年2月期 四半期推移
第1四半期 第2四半期 第3四半期 第4四半期
売上高 8,099 16,063 24,044  
営業利益 377 623 911  
営業利益率 (4.2%) (3.9%) (3.8%)  
経常利益 338 632 914  
経常利益率 (4.2%) (3.9%) (3.8%)  
親会社株主に帰属する
四半期純利益
218 397 594  
親会社株主に帰属する
四半期純利益率
(2.7%) (2.5%) (2.5%)  

当第3四半期連結累計期間の当社グループの業績は、売上高24,044百万円(前年同期比2.7%増)、営業利益911百万円(同22.6%増)、経常利益914百万円(同21.6%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益594百万円(同1.4%減)となりました。

調剤薬局事業におきましては、処方箋単価の上昇および経費見直し等により増収増益となりました。当第3四半期末における当社グループの調剤薬局は、合計94店舗となっております。
この結果、売上高17,156百万円(前年同期比1.9%増)、営業利益1,036百万円(同0.9%増)となりました。

ヘルスケア事業におきましては、有料老人ホームの継続的な入居者確保の推進により、増収増益となりました。当第3四半期末における当社グループの居住系介護施設は、28施設、1,025床となっております。
この結果、売上高4,789百万円(前年同期比4.2%増)、営業利益332百万円(同53.6%増)となりました。

医薬品卸事業におきましては、新規取引先の開拓など積極的な営業活動により増収増益となりました。
この結果、売上高2,003百万円(前年同期比7.2%増)、営業利益56百万円(同32.4%増)となりました。(内部売上を含む売上高は2,746百万円となり、前年同期比で8.7%増加しました。)

不動産事業におきましては、賃貸不動産からの収入によって、売上高97百万円(前年同期比0.5%減)、営業利益37百万円(同13.8%増)となりました。

また、投資事業におきましては、投資有価証券売却益22百万円を計上しております。

なお、セグメント間の内部売上高として744百万円を消去するとともに、全社における共通経費として551百万円を計上しております。

Excel形式でダウンロード別ウインドウで開きますエクセル形式(58KB)

関連コンテンツ