薬による有害反応(副作用) -2009年1月1日掲載-

多くの薬にはいくつかの作用がありますが、病気の治療で期待される唯一の働きは治療効果です。本質的に有害であるかどうかにかかわらず、それ以外の効果は望ましくないとみなされます。医療関係者を含め、多くの人は望ましくない効果を「副作用」と呼んでいますが、専門用語としては「有害反応」の方が適切です。
続きを読む »

冬の高血圧に要注意 -2009年1月1日掲載-

血圧、とてもデリケート。例えば朝と昼など血圧を測る時間帯によっても変化しますし、ストレスがかかったり、咳やくしゃみをしたりしただけでも上がることがあります。また季節によっても変動し、特に冬は血圧が上がりやすい季節です。血圧の薬を正しく服用していても冬になると血圧が上がる…という経験をお持ちの方も多いのでは。高血圧の方にとって冬は要注意です。
続きを読む »

皮膚の乾燥とかゆみ対策 -2008年12月1日掲載-

秋から冬にかけて、空気が乾燥してくると、皮膚にかゆみが出てくることがあります。どうしてでしょうか?

かゆみが起こる理由

角質層という一番表面にある層は、外界から皮膚を守っている層です。そこが乾燥し、カサカサになって細かい傷やひび割れが生じると、そこから刺激物質やアレルギーの原因となる物質が入り込んで、かゆみを生じるのです。
続きを読む »

抗生物質に関するQ&A -2008年12月1日掲載-

寒さが厳しくなってきましたが、風邪をひかれていないでしょうか。咳や鼻水の症状で病院に行くと抗生物質というお薬が処方されることがあります。今回は、この抗生物質についてよくご質問いただく内容にお答えしたいと思います。
続きを読む »

糖尿病薬でおならがでる!? -2008年11月1日掲載-

糖尿病薬はすい臓に作用するものがよく知られていますが、今回は腸に作用して血糖値を下げるお薬について紹介します。

糖類は小腸粘膜に存在するαグルコシダーゼという酵素でブドウ糖に分解され小腸から吸収されます。

「αグルコシダーゼ阻害薬」は、この酵素の働きを抑え、糖類からブドウ糖への分解を遅らせます。結果、体内への吸収も遅くなり、食後に血糖値が異常に高くなる食後過血糖という症状が抑えられます。
続きを読む »

帯状疱疹(たいじょうほうしん)とは -2008年11月1日掲載-

帯状疱疹と水ぼうそうの関係

帯状疱疹は、水ぼうそうを起こす原因ウイルスと同じ水疱(すいとう)・帯状疱疹ウイルス(ヘルペスウイルスの一種)によって起こる皮膚の病気です。このウイルスにはじめて感染したときは水ぼうそうとして発症します。水ぼうそうが治ったあとも、ウイルスは体内の神経節(神経の細胞が集まった部分)に潜んでいます。そしてウイルスに対する免疫力が低下すると、潜んでいたウイルスが再び活動を始め、神経を伝わって皮膚に到達し、帯状疱疹として発症します。免疫力が低下する原因は、過労やケガ、大きなストレス、病気、手術、加齢などがあります。
続きを読む »

全身に作用する貼り薬 -2008年10月1日掲載-

貼り薬と言えば、肩こりや筋肉痛の時に使用するシップ薬を思い浮かべると思いますが、貼り薬にはいろんな種類があることをご存知でしょうか。シップ薬のように貼った部分に効き、痛みや腫れをやわらげる『局所に作用するもの』と、もう1つ『全身に作用するもの』とに大きく分けることができます。全身に作用する貼り薬には、狭心症の治療薬や女性ホルモン製剤、喘息の治療薬、禁煙補助のための貼り薬などがありますが、今回は、狭心症発作予防に使用する心臓の貼り薬についてお話します。
続きを読む »

家庭でできるかぜ予防と治療 -2008年10月1日掲載-

かぜとは?

かぜは、呼吸器の急性炎症性の病気をまとめて呼んだもので、正確には「かぜ症候群」と呼ばれます。呼吸器の様々な箇所に感染するので、感染した場所により引き起こされる症状は以下のように変化します。
続きを読む »

禁煙補助薬について -2008年9月1日掲載-

日本の喫煙者数は約2700万人。先進国の中でも喫煙率が高いと言われています。最近、喫煙者は肺がんに限らず、様々な病気にかかりやすいことが明らかにされてきました。喫煙による健康への影響や、タバコにかかるコストを考え、禁煙を試みる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
続きを読む »

禁煙のススメ -2008年9月1日掲載-

最近ではニコチンパッチがドラッグストアでも購入できるようになり、気軽に禁煙にトライできるようになりました。

タバコの害

タバコの煙にはニコチン、タール、一酸化炭素など有害な物質が多く含まれています。
続きを読む »

体に色々な変化をもたらす甲状腺機能の異常 -2008年8月1日掲載-

甲状腺ってどこにあるの?

甲状腺は喉仏(のどぼとけ)の下あたりに、蝶のような形で存在します。普通は外から見たり触ってもわかりませんが、何らかの原因で甲状腺に炎症が起こると喉の部分が腫れてきます。
続きを読む »

HDLコレステロールについて -2008年8月1日掲載-

コレステロールが高いのを気にしている方は多いのではないでしょうか。

健康診断を受けHDLコレステロール値という欄があるのにお気づきでしょうか?HDLコレステロールは「善玉コレステロール」と呼ばれているもので、末梢の血管に運ばれていった過剰なLDL(悪玉)コレステロールを回収して肝臓に戻す役割を担っています。つまり、HDLは血管を良好な状態に保ち、動脈硬化等を防止しているコレステロールで、悪玉のLDLと善玉のHDLの比率が「LDL/HDL=2.3以下」が好ましいとされています。
続きを読む »

お薬の飲み忘れ -2008年7月1日掲載-

病院で処方されたお薬を「飲み忘れてしまった…」という経験はありませんか?ほとんどの薬は、次の服用時間が近くなければ、思い出したときにすぐ服用してかまいません。しかし、服用時間が重要な意味を持つ薬の場合はそういうわけにはいきません。

例えば、食直前に服用する薬に血糖値を下げる薬がありますが、服用し忘れた場合に、“服用せずに次の食事まで待つ”薬と、“食事中に気付けば服用してよい”薬があります。前者は副作用である低血糖を防ぐために、後者は食後または空腹時では十分な効果が期待できないためにそのような対応になります。
続きを読む »

DHA(ドコサヘキサエン酸)について -2008年7月1日掲載-

DHA(ドコサヘキサエン酸)とは?

今話題のDHAとは、主にマグロやいわしなどの青魚の脂に多く含まれている栄養素です。「脂」と聞くと敬遠される方も多いかもしれません。しかし、豚や牛などの脂とは全く異なるものです。

専門的には牛や豚に含まれる脂は「飽和脂肪酸」、魚に含まれる脂は「不飽和脂肪酸」として区別されています。
続きを読む »

COPDになる前に -2008年6月1日掲載-

COPD(慢性閉塞性肺疾患)という病気をご存知ですか?タバコなどの有害な空気を吸い込むことで、空気の通り道の気道(気管支)や、酸素の交換を行う肺(肺胞)などに障害が生じる病気です。別名“肺の生活習慣病”とも呼ばれ主に喫煙者、喫煙歴のある人に多い病気です。

あまり馴染みのない病気ですが、患者数は世界的に増え続けていて、2020年には世界の死亡原因の3位になると予測されています。日本では2001年の全国調査で患者数は530万人以上いるとわかっています。
続きを読む »

むかつきの原因 逆流性食道炎 -2008年6月1日掲載-

逆流性食道炎とは

胃酸が食道に逆流して食道を刺激することで炎症を起こす病気です。胃酸はペプシンという成分を含み、この成分が食品中のたんぱく質を分解する働きがあります。当然人体もたんぱく質でできているため、そのままでは胃酸によって分解されてしまいます。胃の内側には、このペプシンから身を守るためのペプシノーゲンという成分があります。この成分のおかげで、人は自分を消化することなく、食べたものだけを消化することができるのです。

一方、食道にはこの防御機能がありません。そのため、何かの原因で胃酸が逆流してしまうと、食道は胃酸によって消化されてしまうことになります。この症状が逆流性食道炎です。
続きを読む »

高齢者の薬と副作用 -2008年5月1日掲載-

年齢とともに体の機能は変化し、薬に様々な影響を及ぼします。特に高齢者では、薬を分解したり排泄したりする肝臓や腎臓の機能が低下するため薬が体に残りやすくなり、強く効きすぎたり、副作用が現れやすくなったりします。一方、胃酸の分泌の減少や、胃腸の働きの低下で薬の吸収が悪くなると、効果が弱まる場合もあります。さらに、唾液の分泌が減ると薬の飲み込みが悪くなり、服薬そのものが問題となります。
続きを読む »

今年こそ!早めの湿気・カビ対策でジメジメした梅雨をのりきろう! -2008年5月1日掲載-

まもなくジメジメした嫌な梅雨の時期がやってきます。今までどのようにして結露やカビ対策をするのか、いまいちわからなかった方々は、この記事を参考に梅雨の時期をのりきってください。

湿気を放置することで、カビやダニが増殖します

カビは温度(28℃前後)、湿度(70%前後)、栄養、酸素の4つの条件がそろうと増え始めます。特に湿気をそのままにしておくと、通気性の悪い場所に結露ができることによりカビが発生する原因になります。またカビは食べ物の残り物や、人間のフケやアカなどいろいろなものを栄養源にして増殖します。さらに悪いことにカビを餌にして、ダニが増えていき、最終的には建物や人体に重大な影響を与えることになります。
続きを読む »

メタボリックシンドローム -2008年4月1日掲載-

メタボリックと聞くと、お腹周りが気になる方が多いでしょう。メタボリックシンドロームの検査の中にウエストの周囲径(腹囲)があります。男性で85cm以上、女性で90cm以上あると内臓脂肪の蓄積が疑われます。男性の基準が5cm厳しいのは、女性は皮下脂肪が多いのに対して男性ではお腹の中に脂肪がたまる内臓脂肪型の肥満が多いからです。内臓脂肪の蓄積は、生活習慣病といわれる高血圧症や糖尿病・脂質異常症の原因となり、動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞にかかりやすくします。
続きを読む »

生活習慣病と食事 -2008年3月1日掲載-

生活習慣病は、以前は成人病といわれていたもので、最近よくいわれているメタボリックシンドローム(メタボ)も生活習慣病の一つです。

生活習慣病は、医療機関を受診して、薬物治療をする事も必要ですが、家庭での、生活習慣や食習慣の改善、適度な運動、休養、飲酒・喫煙の対策などが大切です。
続きを読む »